雨漏りを防ぐためには?

住宅は雨漏れを起こすと様々な所に影響を及ぼします。

天井仕上材に染みが入ったり、長年放っておくと下地材や構造材が腐食してくる場合もあります。

雨漏れの原因は様々ですが、その一つに屋根材の塗装があげられます。

屋根の塗装が劣化して屋根材の保護の役目を無くすと、屋根材そのものが劣化したりしてひび割れが生じたりして雨漏れの原因になります。

雨漏れを防ぐためには塗装などの定期的なメンテナンスを行う事が大切です。

5〜6年おきぐらいに屋根の塗装の状態がどうなっているかを確認するようにしましょう。

自分で判断の難しい場合は、専門家にお願いして判断してもらうのも一つの方法です。

メンテナンスを行わずに何年も放置しておいて、雨漏り被害が出てくると塗装では間に合わない場合があり、屋根材そのものから交換しなくてはならなくなる場合もあるので注意しましょう。

屋根の塗装の塗替え時期としては塗装の材料によって多少の前後はありますが、10〜15年ほどの間隔で塗り替えを行うと間違いないでしょう。

屋根の塗装が何時も健全な状態であることは、屋根材本体を確実に保護しているので屋根材の劣化やひび割れの心配がないのです。

定期的に屋根の塗装を行う事は屋根材のためでもあり、屋根材本体を取り換える事を考えるとコスト的にも良いのではないでしょうか。

この様に定期的に屋根の塗装を行っていても雨漏れが発生したら、雨漏りの原因をしっかり突き止め、適切な工事を行わなくてはなりません。

物が飛んできて屋根材自他を破損したりひび割れが生じる場合もあるので、風が強かったり台風などの後は屋根の状態を点検するのが良いでしょう。

また屋根の上にアンテナや太陽光発電などを取り付けする場合も、屋根本体に影響や障害の無い様に十分に気を付けて施工をしてもらうようにお願いしておきましょう。