HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >雨漏り修理をすべき箇所の見つけ方とは?その3

雨漏り修理をすべき箇所の見つけ方とは?その3

みなさんこんにちは!

広島の福山や尾道近辺にお住いで、

自分の家を持っているというお客様。

 

そろそろおうちのメンテナンスを考え始める時期ではないでしょうか?

特に、お家の中でも大切なのが屋根。

屋根が雨漏りをしてしまうと、

あなたの住環境は一気に悪くなってしまいますよ。

というわけで今回は、

屋根の雨漏りをチェックするポイントをご紹介していきたいと思います。

これを読むことできっと、

あなたのお家に修理の工事が必要かどうかわかるはずですよ!

 

■漆喰(しっくい)

継ぎ目部分は、劣化が早い!

漆喰というのは、瓦や石材の接着などに用いる、

水酸化カルシウムが主成分の建材のことです。

ぱっと見では確認することが難しいものですが、

瓦の継ぎ目部分に白い接着剤のようなものがあったら、

それは漆喰である可能性が高いです。

この漆喰の経年劣化や、剥がれなどがみられた場合、

お客様自身の手でどうにか修理するということはほぼ不可能と

考えた方が良いでしょう。

というのも、漆喰の使用には専門知識が必要であり、

業者でなければ修理のできない代物となっています。

もし、雨漏りの原因がこうした漆喰であったら、

すぐに業者に依頼することが得策といえそうですね。

さて、今回は漆喰の劣化というポイントをお伝えさせていただきました。

みなさんの参考になったでしょうか?

自分でチェックした後は、

ぜひ高い技術を持つ我々プロに修理をお任せください!