HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >雨漏り箇所の見つけ方!素人と修理業者の違いを解説!

雨漏り箇所の見つけ方!素人と修理業者の違いを解説!

みなさんこんにちは。
今回は
「雨漏り箇所を探したいけど、自分で探したほうがいいのか、業者に任せたほうがいいのかわからない!」
という方に向けて、素人とプロの雨漏り箇所の見つけ方についてご紹介したいと思います。

・自分で見つける場合
自分でやる場合は
屋根に上って目視で探す
散水試験
の2つの方法が考えられます。目視で探す場合は目立ったキズであれば見つけられるかもしれませんが、小さなものだと難しいです。散水試験は屋根に水をかけて雨漏り箇所を探す方法で、屋根に上る必要がないため安全に探すことができます。

・業者に任せる場合
上に紹介した素人でもできる2つの方法でも見つからない場合があります。その場合は専門の業者に見つけてもらうしかありません。業者は特殊な機材を使って雨漏り箇所を探すので確実に見つけることができます。具体的には、
赤外線カメラを使う方法
ファイバースコープを使う方法
の2つがあります。

いかがでしたか。
自分でやる場合は費用がかからないので手軽にできますが、見つけるのに限界があります。自分では無理だと判断したら放っておかずに、信頼できる業者に依頼して雨漏り箇所を見つけるようにしましょう!