HOME南瓦工房スタッフブログ山岡専務の屋根のあれこれ(^O^)/ >1つだけじゃない?雨漏りしたときの屋根工事の種類

1つだけじゃない?雨漏りしたときの屋根工事の種類

「雨漏り工事をしたいけれど具体的にどんな方法があるの?」
「雨漏り対策するための工事の内容を知りたい」

雨漏り工事を検討している方の中にこのような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか?
雨漏りといっても原因や程度は異なります。
今日はいくつかある雨漏り改善のための屋根工事の種類についてお話します。

◇屋根の葺き替え
屋根瓦・板を新しいものに取り換えます。
変色したりひび割れしたりして雨漏りが発生した場合はこちらの工法が効果的です。瓦屋根やスレート屋根、トタン屋根など屋根の種類に応じて耐久年数が変わるので、それぞれの屋根の性質を加味してお選びください。

◇カバー工法
カバー工法とは既存の屋根の上に新しい素材をかぶせる工法です。雨漏りに加えて日差し対策もでき、手間も少ないので工事期間が短いのがメリットです。
また、屋根が二重になるので断熱性、遮熱性も高まります。

◇締め直し工事
瓦は傷んでいないけれど雨漏りした場合は締め直し工事を行います。
既存の瓦をすべてはがし、傷んでいる部分の修理や防水加工をしたりして瓦を再び直す工法です。瓦を再利用するので、葺き替えよりもコストを抑えることができます。

◇屋根塗装
葺き替えを行うほど屋根が傷んでいない場合はこちらの工法です。屋根材に塗料を塗るだけの工法です。塗装で使われる塗料には、「アクリル」「ウレタン」「シリコン」「フッ素」などがあります。


いかがでしたか?
雨漏りといっても原因が異なります。瓦がずれたのか、瓦が壊れたのか、又は下地の部分に問題があるのか、しっかりと原因を追究したうえで雨漏り工事を行いましょう。
南瓦工房では、しっかりと雨漏りの原因を追究したうえで状況に合わせた最適な工事を行います。雨漏り工事の際はぜひ相談してくださいね。