HOME屋根工事施工実績 >水呑町にて古民家の屋根を修理してきました。

水呑町にて古民家の屋根を修理してきました。

雨漏りの箇所(妻部)

 

ここの部分が一部屋根板だけ腐って落ちてました。

 

この雨漏れの原因は、風切丸の間にコケ、漆喰などが蓄積され、水を正常に流せず雨が漏れてました。

まず回りの瓦と土を撤去して屋根板の状態にします。

劣化した屋根板を撤去し、新しく屋根板を張っていきます。

次に防水紙を張り瓦を葺いていきます。

瓦じたいが、ねじれたりしてるので一枚一枚向うばね、尻ばね(瓦のよれの名前)を確認しながら葺きあげます。

平部が葺き終わったら、次に風切丸の取付けです。

この黒いのが南蛮漆喰という物で、どんな物か簡単に説明すると「水を弾く土」です。

 

修理完了!!