1. HOME
  2. 実績紹介
  3. 【企業様向け】太陽光発電システム工事施工事例
  4. 広島県三原市 八幡 R様 太陽光発電システム施工実績

WORKS

実績紹介

【企業様向け】太陽光発電システム工事施工事例

広島県三原市 八幡 R様 太陽光発電システム施工実績

杭打ち 防草シート

草刈り終了後は杭の打ち込み位置を測定してだしていきます

雑草対策のために防草シートをはっていきます 雑草を放置することで近隣住民からの苦情の原因ともなります

太陽光が一部あたらなくなると発電効率が低下し最悪の場合は故障の危険性があります

杭は高低差などあるので打ち込み深度を1つづつ調整していきます

雑草を放置するとパネルを覆いつくして影をつくりパネルの一部に太陽光があたらなくなります

また雑草を放置すると昆虫などがふえ鳥のフン害や害虫による被害の発生の可能性もあります

架台設置 パネル設置

架台を杭の頭に架台をのせてボルトでしっかりと固定します

架台を組んだら横段をつけていきます

架台の設置が完了しました

パネルの重さは1枚約20kg

パネルはしつかりと固定しておかないと落下するおそれがあります

金具でパネルを固定したあとはマーキングをしていきます

パネルの取り付け金具の固定作業風景

防草シートを側溝にコーキングでしっかりとつけて、すき間が無いようにしていきます

架台の高さを調節していきます

横段の幅はきちんと調整しないとパネル設置の際にパネルがはまらないなどの障害が発生するおそれがあります

架台にパネルを設置していきます

パネルを設置したら取り付け金具で固定します

取り付け金具でしっかりと固定していないと風などで飛ばされることもあります

マーキングはマーキング点検時にボルトの緩みを目視による確認ができるので緩みがある場合は「まし締め」をします

パネルの設置も終了しました

すき間があると防草シートの間から草が出てくるも防ぐためにコーキングはしっかりと

配線ケーブルの結束作業風景

フェンス設置

太陽光発電システムへの立ち入り防止のためにフェンスを設置していきます

そのためフェンスは太陽光パネルやパワコンといった設備まである程度の距離が必要となります

太陽光発電は電気が流れているので万が一漏電などが発生している場合に触れれば感電する恐れがあります

フェンスや柵を設置しても低い場合に第三者が乗り越えようとして怪我をしたり進入して感電する可能性もあります

連系